当院のコンセプト

コンセプト1: 「痛くない治療」へのこだわり

多くの方が「歯医者さんが苦手」になるもっとも大きな理由は、「治療時の痛み」ではないでしょうか。お口が病気になったら歯科治療は必要なのにもかかわらず、歯医者が苦手になって治療が受けられないようでは、お口の環境は悪化する一方です。

当院では、患者様に時期を逃さず適切な治療を受けていただき、お口の健康を守っていただくためには、治療時の痛みをなくすことが必要だと考えています。そこで、レーザーを導入するほか、表面麻酔や電動麻酔を採用し、「痛みの少ない歯科治療」を心がけております。

» 「無痛治療」についてくわしくはこちら

コンセプト2: 「丁寧な説明」を欠かさない安心の診療

当院では、患者様の治療への不安を軽減するには、治療への理解がとても大切だと考えています。そこで、治療前・治療中・治療後それぞれにおいて手鏡、あるいは口腔内カメラで患者様ご自身のお口の中をお見せしながら、治療箇所や治療の必要性などのご説明を丁寧に行っています。
また、治療1つ1つも患者様に理解していただくためにタブレットを使って、丁寧な説明を心がけています。お気軽にご質問ください。

また、お子様の診療については恐怖心を与えないようにするため、Tell-Show-Doを心がけております。

Tell(お話)

これからまず何をするのか、わかりやすい言葉におきかえて説明します。
(例:風をかけて歯を乾かすね。ジェット機の音がする機械でムシバイキンとろうね、など)

Show(見せる)

初めてのお子様には、危なくない器具を見せたり、エアーシリンジ(水の出る機械)の水を実際に出して触ってもらったりして、どの器具で何をするのか見て頂きます。

Do(治療)

バキュームでお口の中の水を吸う練習などして、まずは雰囲気に慣れて頂きます。
お約束をして「イチずつやってみようね」と、少しずつ行うようにしております。
場合によってはチェアーに備え付けの鏡で、今何をしているのかご本人が見えるようにして治療を行なっております。

おかげさまで、患者様からは「説明が丁寧」というお声をいただいています。

コンセプト3:お子様連れの方も通いやすい、なんでも相談できる歯科医院に

当院のスタッフの半数以上は子育ての経験があり、子どもの相手が得意です。お子様の治療がスムーズに進むようにサポートいたしますので、ご安心ください。

また、最寄りの上石神井駅南口から徒歩30秒という立地も通院しやすい大きなポイントです。歯周外科や矯正治療、インプラント治療などについては、信頼のおける提携の大学病院や専門医にご紹介していますので、なんでもご相談ください。

スタッフ紹介

院長紹介

院長名 村上雅一(むらかみまさかず)
村上雅一(むらかみまさかず)
略歴 昭和36年北海道生まれ
昭和62年東京歯科大学卒業
昭和62年都内勤務
平成 3年札幌市にて開業
平成10年練馬区上石神井にて開業
所属団体 練馬区歯科医師会
ひとこと

 当院は平成10年に上石神井駅南口にて開院以来、地域の皆様とともに歯科医療に真剣に携わって参りました。
 長年の歯科医としての経験を生かし、今後も初心を忘れず努力していく所存であります。また最近では上石神井の2か所の保育園医として地域医療に携わっております。
 安心して通院できる歯科医院を目標に、新しい医療機器・技術を取り入れながらも、基本に忠実に診療している日々です。歯の相談・クリーニング・虫歯予防、また残念ながら治療を途中で中断されている方も、お気軽にご来院下さい。
 余談ですが私は通院していただいた方のお口の中はできるだけ記憶するよう努力しております。たとえば5年前に来られた患者様が久しぶりに来院された場合、5年前の治療中にした会話の続きからお話ができると思います(笑) そのため、お子様のお口の成長状況などを継続して観察していくのも得意です。そんなお話もしながら、末永くお付き合いさせていただければ幸いです。

副院長紹介

副院長名 村上祐子(むらかみゆうこ)
村上祐子(むらかみゆうこ)
略歴 愛媛県生まれ
東京歯科大学卒業
ライオンファミリー目黒歯科診療所勤務後、「むらかみ歯科」に勤務
ひとこと  患者様が笑顔で治療を終えられることが、歯科医としての最大の喜びです。
これからも心の通じる歯科医療を心がけたいと思います。

私達にお任せ下さい

スタッフ